« 「仏像 中国・日本」展 | トップページ | 赤い実の成るピラカンサ »

2019年12月10日 (火)

新世界のたこ焼き

Img_9751 Img_9750 Img_9747 Img_9749 Img_9743 Img_9745 Img_9754 ピラミッド積みというのか、台座に1段、2段、3段…たこ焼きのモニュメンが道路に大きくはみ出ている。アカンのんちゃうと思うけど、まあ、カマヘン、カマヘン~と、この道一筋で店を構える大阪名物のたこ焼き屋さん。屋号は、大丸は大丸でも「味の大丸」。

 

 大阪は天王寺茶臼山、大阪市美正面から通天閣が見える。仏像展鑑賞して、昼に梅田で6個480円のミシュランたこ焼き食べて時間が経っている。お腹具合で足が向いた。市美の正面道路から階段を降りて、そこは新世界。たこ焼き、串カツ、お好み焼き…店の看板はハデハデしい。食い客の人出も多い。何度か来て、串カツは食べたが、たこ焼きはまだない。

 

 ピック突き刺したたこ焼きモニュメントの店前、6個330円の食券買った。値段が一つ55円。見あげた看板、タコは赤く大きく高いのに梅田店のたこ焼きより安い。「はーい、醤油味」と声がかかり、舟が出た。店前の3人掛けベンチでイートアウト。軽減税率適用か。若いペアが食べ終わり、代わって外国人男性が一人、舟を持って座った。どこの国?、顔立ちから欧米かなあ。そうや、お腹がデンと出ている。デンマーク!?。

 

 

|

« 「仏像 中国・日本」展 | トップページ | 赤い実の成るピラカンサ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「仏像 中国・日本」展 | トップページ | 赤い実の成るピラカンサ »