« もう一つの美術史ここに~ | トップページ | 京の春、一足お先に~と平野神社の桜咲く »

2019年3月18日 (月)

滋賀ゆかりの人物、朝ドラと大河の主人公に

_kp3wmhf_2

4b8545b73b4e9ee3594b41dd70e24deb_2

Img_7142

Img_7118

Img_7141

Img_7140

Img_7119

いま、滋賀県がドキドキしている。NHKの朝ドラと大河ドラマに滋賀県ゆかりの人物が登場する。今秋の朝ドラ「スカーレット」は信楽の女性陶芸家が主人公。来年1月の大河「麒麟が来る」は、坂本城主・明智光秀を描く。NHK注目番組二つ、滋賀また滋賀の同時進行である。

 

 県庁所在地のJR大津駅、まだエスカレーターはない。県内乗降客数は草津、南草津、石山に負けるけど、隣の京都から山科経て大津へ9分。この4、5年で駅前ロータリー整備、スタバも来て、駅周辺は店も増えてきた。駅構内、「スカーレット」はどうか、「麒麟が来る」はどうか~と点検するとポスターあった。信楽の狸たち、光秀菩提寺の西教寺の写真が並んでいた。

 

 滋賀のブランド力は低く、県名は「びわ湖県」か「近江県」では~と県民調査したが、結果はいやいや、やはり「滋賀」が良い~と。去年の甲子園センバツでは滋賀からいっぺんに3校も選出、100㍍9秒9の桐生君だって、滋賀彦根出身である。しがない滋賀でなくなってきた。信長の安土城跡、国宝の彦根城、びわ湖…歴史も自然もある。県民人口140万人余、ずっと減っていない。朝に「スカーレット」、日曜に「麒麟がくる」…、どうシガシガするか、どう話題になるか、気になる。

 

 朝ドラ「スカーレット」は人気女優・戸田恵梨香さん主演。信楽で男性社会の中、女性陶芸家として頑張った神山清子さん(8?)がモデル。息子さんが白血病で骨髄バンクキャンペーン展開。かつて田中好子主演の映画「火火」でもモデル。 ※ 大河「麒麟が来る」はシン・ゴジラで主演男優賞の長谷川博己が光秀役。美濃から始まる前半生を描く。

|

« もう一つの美術史ここに~ | トップページ | 京の春、一足お先に~と平野神社の桜咲く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀ゆかりの人物、朝ドラと大河の主人公に:

« もう一つの美術史ここに~ | トップページ | 京の春、一足お先に~と平野神社の桜咲く »