« リニモ乗車で、杁ヶ池公園、長久手古戦場 | トップページ | 外国人向け、居酒屋さん、ハハ~ン! »

2017年6月 2日 (金)

白寿記念、堀文子展覧会の図録

Img_8891

Img_8893

Img_8894

Img_8899

Img_8900

Img_8896_2

白寿、99歳の日本画家、堀文子さんの図録、自宅で見る。図録は新刊本より少し大きいくらいで、持ちやすく、見やすい。一枚一枚、丁寧に捲ると、長久手の名都美術館で鑑賞した堀さん作品と言葉がそのまま甦ってくる。展覧会テーマは「私流の生き方を求めて」。

 

 図録の表紙は、「土筆とすぎな」。平成25年、堀さん95歳の時の作品。~庭の片隅で旺盛な生命力で生き抜いてきた雑草たち。私はこの草たちにどれほど勇気づけられたかわかりません~と描いた。名もなきものシリーズの一つ。抽象と具象が重なり、真上には太陽も出ている。堀さんのモットーは~群れない、慣れない、頼らない~。もっと?図録を捲った。

 

 最初の一枚捲ると、スケッチする堀さん。白髪、メガネ、ネッカチーフ。90歳代?お元気そう。名都美術館の主任学芸員が堀さんの魅力を綴っている。絵は自立を求めて、山と自然、結婚と死別など、堀さんの生き来し道がわかる。図版は78枚。幻の花・青いポピー。標高5千㍍、ヒマラヤのガレ場、酸素マスクつけ80歳の作品。東京の幼き頃を思い出す稲妻、死は終わりでなく次の命の始まり~と、97歳で描いた落日など、白寿への道に拍手したい。

|

« リニモ乗車で、杁ヶ池公園、長久手古戦場 | トップページ | 外国人向け、居酒屋さん、ハハ~ン! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65355093

この記事へのトラックバック一覧です: 白寿記念、堀文子展覧会の図録:

« リニモ乗車で、杁ヶ池公園、長久手古戦場 | トップページ | 外国人向け、居酒屋さん、ハハ~ン! »