« 「SHINOBI―TRAIN」運行中 | トップページ | 昔も今もロバのパン屋さん »

2017年6月 7日 (水)

白い花の名前は「シマトネリコ」

Img_9073

Img_9083

Img_9075

Img_9082

Img_9077

Img_9074

この白い花、何という花かなあ。枝先から小さい花が集まり、フワフワと漂うように咲いている。京都府立植物園へよく行くけど、見たことがない。土曜の夕、京都市教育総合センター「こども相談センター・パトナ」で、通りがかりの発見。気になる花との出会いである。

 

四条通りから東洞院通を北へ、町ぶらしていて、姉三六角の姉小路通まで来て、この白い花だった。前は初音中学、今は改装して、不登校児童などのカウンセラー施設になっている。東隣は何度か行った万華鏡博物館。白い花の咲く庭は、元中学名からとった「初音の庭」。アジサイが咲き出し、色んな木々が植わっている。花の名前が知りたくて、にわかに庭へ。

 

花咲く木は「シマトネリコ」だった。東南アジアの亜熱帯原産の樹木、モクセイ科トネリコ属。白い花の木は2本植わり、背の高い方に説明板が下がっていた。~5月から6月へ、枝先に煙るような小花が咲く~と。そのとおり、今が旬。葉も艶々して、美しく、庭木で人気が出ている~と。「シマトネリコ」の花の木、名前は一度では覚えられない。どう覚えるか、「シマ・トネリコ」「シマ・トネリコ」と二度、三度、覚えた?う~ん、まあ、ええ花や。

|

« 「SHINOBI―TRAIN」運行中 | トップページ | 昔も今もロバのパン屋さん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

白い花はシマトネリコではなく、ニワナナカマドのように思います。
シマトネリコの葉(小葉)は全縁ですが、ニワナナカマドの葉は鋸歯があります。

投稿: TM | 2017年6月25日 (日) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65376425

この記事へのトラックバック一覧です: 白い花の名前は「シマトネリコ」:

« 「SHINOBI―TRAIN」運行中 | トップページ | 昔も今もロバのパン屋さん »