« イートインで長崎ちゃんぽん | トップページ | ラーメンの「つるつる」と「しこしこ」 »

2017年5月22日 (月)

駅ナカの虎絵は、落書きかアートか

Img_8275

Img_8281

Img_8277

Img_8274

Img_8282

Img_8284

落書きなのか、アートなのか~、これはどっちかなあ。描き手しだい、見る者の見方しだい…、紙一重?、壁一枚?…、う~ん、さ~あ、どっちかなあ。京都市地下鉄東山駅改札を出て、左なら祇園方面、右なら、長い通路を通って、京近美、京都市美、平安神宮である。

 

 右へ曲がって、長い通路は、駅ナカ・アートプロジェクトの壁面。スウ~と、通り過ぎるか、立ち止まり、ナカナカの?アートと思うか~。いまの展示作品は、落書きか、アートか~の問いかけ。最初の壁面、「※ここにあった作品、都合により撤去しました」。一瞬、えっ!と、落書きを意識させ、赤いスプレーの作品見せて、これは作品です!。ナカナカの仕掛け。

 

 作品掲示は京都造形芸術大学のグループ「えんやらや」で、指導教官はイラストレーターアートの第一人者・都築潤先生。コンセプトは~私たちは、落書きとアートの間で作品を作っています~。モチーフは、祇園のお座敷「とらとら」遊びの虎。和藤内の槍、竹藪の虎、おばあちゃん登場のジャンケン遊びを想定しつ、落書きみたいな、アートみたいな虎イラスト作品を並べる。落書きは器物損壊、アートは芸術、その差は、とらいかな~とトライ!。

|

« イートインで長崎ちゃんぽん | トップページ | ラーメンの「つるつる」と「しこしこ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65304019

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ナカの虎絵は、落書きかアートか:

« イートインで長崎ちゃんぽん | トップページ | ラーメンの「つるつる」と「しこしこ」 »