« 駅ナカの虎絵は、落書きかアートか | トップページ | 杉浦非水、モダンデザイン展へ行く »

2017年5月23日 (火)

ラーメンの「つるつる」と「しこしこ」

Img_8383

Img_8375

Img_8385

Img_8378

Img_8380

ちょっとやそっとではない「つるつる」、それに加えて「しこしこ」という。新潟の麺職人が研さん重ねて作り上げた日本で初めて、新感覚のナマ麺という。ポリフェノールたっぷり、佐渡のおけさ柿を取り込んでいるという。こうまで、言われればどんな麺かな~と思う。

 

 京都八条口のイオン4階に出店しているラーメンの「越後秘蔵麺‐無尽蔵」である。向かいは名古屋本店の回転寿司「魚河岸」、お隣は宮城の仙台牛たん「福助」。この2店舗には入っている。無尽蔵ラーメンは、カロリーが気になって、まだだった。減量効果も出た今日この頃、店前で客に面?と向かって、「つるつる」と「しこしこ」の麺自慢、確認に入った。

 

低カロリー意識、注文は野菜塩ラーメン。鶏がらスープ、沖縄の塩で、旨味を引き出しているという。野菜は白菜、モヤシ、木耳にトマト、なぜかシナ竹。スープ味の塩は英語でsalt=サルト。これで、ええん?。次は、さあ、麺。見た目「つるつる」。まあ、友達、親しみ沸く。弾力と伸びを両立させた日本初の麺、さあ、伸びはどうや。鉢から箸で麺を引き上げ、左手にデジカメ持っての写真撮り挑戦。1回、2回、3回…、麺が伸びてきたあ~。

|

« 駅ナカの虎絵は、落書きかアートか | トップページ | 杉浦非水、モダンデザイン展へ行く »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65308318

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンの「つるつる」と「しこしこ」:

« 駅ナカの虎絵は、落書きかアートか | トップページ | 杉浦非水、モダンデザイン展へ行く »