« 篠田桃紅104歳「ある女主人の肖像」 | トップページ | 大山崎山荘の花、花、花 »

2017年4月24日 (月)

立ち食い寿司、元祖は東京の新橋

Img_6653

Img_6654

Img_6657

Img_6660

Img_6655

まあ、食いねえ~、江戸っ子だってねえ、じゃあ、立って食いねえ~。寿司の魚がし日本一は、立ち食いあり、江戸前あり。まあ、食いねえ~。1ケ75円があるんだってねえ~、そりゃあ、安い。すずき、うなぎの4貫セットは600円だってねえ。まあ、食いねえ~。

 

 立ち食い寿司は平成元年6月、魚がし日本一の新橋店が始まりという。本社は東京築地の「にっぱん」。今や赤坂、浜松町、五反田など東京都内中心に店舗拡大、昨年から大阪の中之島にも進出している。この大阪店へ、二度行って、元祖は新橋と聞いて、東京2泊3日の最後の夕方、どこかな、どこかな~と、GPSで探して発見、まあ、食いねえ~と入った。

 

 JR新橋駅、SL広場から西へ、迷わずなければ5分かな。外国人向けに「STNDING SUSHI BAR」と「元祖立ち食い」「魚がし日本一総本店」の看板。店内、立って12、3人かなあ。寿司は江戸前、何を頼むか。春の3貫王?さわら、ホタルイカ、誰に知らすか、釜揚げしらす。これに穴子、、生サバの握り。この店、立ち食い寿司の始まりだってねえ。へい、よく、ご存知で~。大阪で聞いてきた。安くて、旨いねえ。まあ、食いねえ~。

|

« 篠田桃紅104歳「ある女主人の肖像」 | トップページ | 大山崎山荘の花、花、花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

洋洋さんはお年に似合わずに活動的ですねぇ。    懐かしいです。  立ち喰い寿司『魚がし 日本一』の響き。東京出張の一人の時は2回に一度は行っていました。本店ではなかったが・・・
空いている時はカウンターに正面向きで、込んで来ると斜めになって--ダークダックスになってと誰かが言うと、客から笑いがおきる。とろ・トロ・トロと勘定を気にせず、豪快に?注文した。~   懐かしいなぁ・・今度東京へ行ったら是非とも行こうと思っています。  お元気で・・毎日楽しみに観ていますデェ。

投稿: 京田辺の住人 | 2017年4月24日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65185778

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち食い寿司、元祖は東京の新橋:

« 篠田桃紅104歳「ある女主人の肖像」 | トップページ | 大山崎山荘の花、花、花 »