« 清水寺裏門で、米粉の「ソラどら」 | トップページ | お江戸のリバーサイド物語 »

2017年4月18日 (火)

坦坦麺はだんだんめん

Img_6440

Img_6431

Img_6433

Img_6435

Img_6437

Img_6438

また、行った。いや、行かねばならぬ。♪~止めて下さるな、妙心殿。…平手は武士じゃ、… 行かねばならぬのだ~♪。気分は三波春夫が歌った大利根無情である。何処へ行ったか?東京は銀座7丁目「橋梧」と書く、はしご。ここの、ピリリと辛い担々麺、それは旨い。

 

 東京勤務時代から行っている。京都へ戻って、東京へ行くたび、まずは、行く。今年も1年ぶりに東京時代の仲間の懇親会があって、山手線新橋駅ロッカーに荷物を入れて、徒歩5、6分、いの一番に行った。構内のロッカー、ろっかに入れたか、頭にしっかりがポイント。SL広場に出る日比谷口やでえ。平日木曜の昼時さなかのはしご。店内、予想どおり満員。

 

 だから、よそう?とは思わない。長いカウンターは30席、ワイシャツの若いサラリーマンが多い。後ろにウエイティングの長い席。呼び出しがかかる端の席へ、出世する如くだんだんと進む。それでか、この店の担々麺は、だんだん?~と言う。入口側の席が空いた。待って15分かな。注文は豚あばら肉入りの、ばいこう(排骨)だんだんめん。先にご飯が出て、漬けもんの刻み大根乗せて、来た、来た!、今年も来ただんだんめん。旨いぞ、旨いぞ!。

|

« 清水寺裏門で、米粉の「ソラどら」 | トップページ | お江戸のリバーサイド物語 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65156756

この記事へのトラックバック一覧です: 坦坦麺はだんだんめん:

« 清水寺裏門で、米粉の「ソラどら」 | トップページ | お江戸のリバーサイド物語 »