« 居酒屋、負の連鎖 | トップページ | サクラ各種、現地研修 »

2017年4月 9日 (日)

兵馬俑に文字、世界初公開

Img_5974

Img_5981

Img_6015

Img_6000

Img_6003

Img_6005

中国秦の始皇帝陵の兵馬俑、どこかに文字が一つ刻まれているという。今、京都市美別館で開催中の「漢字三千年」展である。兵馬俑の展示は兵士一体。文字の刻まれた兵馬俑は、世界初公開のふれこみ。どんな文字なのか、後悔ないよう、もしもし、もしもし?と行った。

 

 会場の写真、フラッシュ、三脚以外なら、中国当局のご厚意で自由にどうぞ!という。そう緩められても、そうも撮れないけど、ありがたい。漢字の成り立ち、どんか感じか、甲骨文字など展示品を見て、一番奥の兵馬俑へ。始皇帝陵8000体の中の一つ。等身大の兵士、世代を超え、遠くから来たのに、へいしな顔で立っている。特別展示、案内担当の女性一人。

 

 文字は兵馬俑の制作者(工匠)の名前という。高、山、田、安など姓の一文字だけで、兵馬俑の腰、胸、腹、肩など、どこかに落款の如く、さりげなく篆書で刻印されているそうな。展示の兵士さん、身体を見たが、わからない。案内の女性にもしもし~と聞いた。図録を取り出し、~ここです。向かって右の鎧の2段目、そこです~。目を凝らすと、「文」みたいな文字。「文」でなく篆書の「不」だという。へえっ、「不」さん制作の兵士、今も不変?!。

 

 兵馬俑展示の後ろの案内板に「不」文字をアップ。

|

« 居酒屋、負の連鎖 | トップページ | サクラ各種、現地研修 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65122672

この記事へのトラックバック一覧です: 兵馬俑に文字、世界初公開:

« 居酒屋、負の連鎖 | トップページ | サクラ各種、現地研修 »