« 越境昼食は、天然いくら丼 | トップページ | 選べるパスタ、選択と集中 »

2017年3月17日 (金)

駅構内の立ちぐい店、スピード第一

Img_4748

Img_4742

Img_4741

Img_4743

Img_4746

 いや、早いのなんの!食券だして、注文したメニュー、出てくるのに30以内。それは、早い。カツなど揚げもんは、1分を超えているけど、290円のかけそばやったら、20秒とはかからない。味?それが、旨いんやなあ。値段?安いんやなあ。人気、当然、あるねえ。

 

 灯台下暗し~というのかな。身近なとこ、意外と気づかない。京都駅構内にある「門左衛門 麺串」。駅中央2階の新幹線との連絡通路にあり、前々から知っていたけど、一度入っただけかな。そん時はそう気づかなかったけど、この間、伊勢丹の美術館行って、JR琵琶湖線で安土へ通夜のお参りのおり、ちょい寄り、こんなに早かったんかとスピードに驚いた。

 

 選んだ食券は「たっぷり肉そば」500円。ネーミングの「たっぷり」が面白いし、それが肉とくれば、ついつい~である。千円札のお釣りは5百円玉貯金が出来る5百円硬貨、効果がある。店内見渡すまでもなく、ハイ!どうぞ~と、出てきた。肉は好きなモチ豚、出汁が利尻昆布使用…、モチ豚、モチモチ、味わい長持ち?。好きな味や。若い店員さん3人、手際よい。たっぷり時間ない時、早いのがいい。行き交う人次々の駅構内、スピード第一!。

|

« 越境昼食は、天然いくら丼 | トップページ | 選べるパスタ、選択と集中 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/65004294

この記事へのトラックバック一覧です: 駅構内の立ちぐい店、スピード第一:

« 越境昼食は、天然いくら丼 | トップページ | 選べるパスタ、選択と集中 »