« ディナーメニュー、訳したら? | トップページ | 大賞は「ナゾトキヤマ」、さて? »

2017年3月 5日 (日)

居酒屋「近江市場」???

Img_4262_2

Img_4251_2

Img_4254

Img_4259

Img_4261

ええ、こんなところに居酒屋「近江市場」。また、どんなんかなあ~のムシが湧き出て来た。困ったもんやのもんじろうや。大丸京都北側、錦通りの博多ラーメン2階・おでん屋出た日曜の夜。大河の直虎を見ようと、早めに帰る道筋。「近江市場」の看板、見てしまった。

 

 立ち止まって、看板写真を撮っていると、後ろから、客さがし中のの女性店員が、どうですか~。滋賀大津勤め、全国の近江屋さんの屋号を研究したことがある。どんな近江?心の一瞬のスキをつく見事なキャッチ。じゃあ、ちょっとだけ~と入ってしまった。お店は路地の奥のビル、1階は美容室で、その2階。カウンターに座った。メニューに鮒ずしも、近江の地酒も、赤コンもない。それなのに、なぜ近江市場か?。

 

 ハイボールとタコワサを頼んで、ちょっとだけの点検。店はやや薄暗く、広い。メニューは多く、客層は若い。調理場は田川くん。福岡から京都へ来て8年という。なんで近江?とカウンター越しに聞く。~オーナーが滋賀の人というだけで、「京都の隠れ家」へ店名の変更を考えています。路地奥の店なんで、客集めのキャッチが助かります。私もキッチン(板前)修業は、まだまだです~など、きっちんと話す。田川は五木寛之著の青春の門に出るかつての炭鉱の町。田川くんの明日は、これから、これから、頑張れ!。

 

|

« ディナーメニュー、訳したら? | トップページ | 大賞は「ナゾトキヤマ」、さて? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64951920

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋「近江市場」???:

« ディナーメニュー、訳したら? | トップページ | 大賞は「ナゾトキヤマ」、さて? »