« 大賞は「ナゾトキヤマ」、さて? | トップページ | フレンチおでんは食のトレンド »

2017年3月 7日 (火)

おでん、よかろう

Img_4383

Img_4362

Img_4365

Img_4374

Img_4372

Img_4376

Img_4377

ガラガラ、ガラガラ…、ゆっくり、ゆっくり、シャッターが上がった。開店午後5時なのに、もうよかろう!と、5分ほど早く、店が開いた。おでんの「よかろう」。この日の一番客、3人でカウンター席に座った。グツグツ、グツグツ…大きな鍋におでんが溢れている。

 

大阪市中央区の落語会前に行ったおでん屋さん。先代創業から55年の老舗、誘われるままに…、阪急、大阪地下鉄を乗り継いで…、降りたのは国立文楽劇場がある日本橋駅。東京なら<にほんばし>なのに大阪は~ニッポン、チャチャチャ~の<にっぽんばし>と読む。ハングル店多いなあ~と、歩いて7、8分で着いたのが、道頓堀川が掘割で流れる島之内。

 

最初にどて焼き。七味振って、ウン!いける。店内に品書きはない。カウンター前、おでんは40種という。目の前の鍋、覗いて見た目で注文へ。高野豆腐と蒟蒻。出汁の汁具合いを知るには、まずこれや。ちょっとおでんツウになったかな。デンと構えていては、何も出ん。出汁、あっさりしている。ええんちゃう。シュウマイ、椎茸、フキ…、練りからしをちょいとつけて…、いいねえ。菊菜はある?と言うと、そんなこと聞くな!とばかりに出た。

|

« 大賞は「ナゾトキヤマ」、さて? | トップページ | フレンチおでんは食のトレンド »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64968133

この記事へのトラックバック一覧です: おでん、よかろう:

« 大賞は「ナゾトキヤマ」、さて? | トップページ | フレンチおでんは食のトレンド »