« 「百人一首から見た近江」、記者はどう書いたか。 | トップページ | これやは、これや! »

2017年2月27日 (月)

抹茶館入り、待ちや!

Img_3996

Img_3992_1

Img_3995_1

Img_3994

Img_3997_1

Img_4000

Img_3998

どうなっているのだろう、この長い列。先頭から最後尾札まで100㍍はある。いま、海外から逆輸入で人気が急上昇の抹茶専門店「抹茶館」。皆さん、一番人気の抹茶ティラミス求め、待って、待って…。抹茶スイート、もうちょっと、待ちや!と洒落たくもなる。

 

 日本人はいつからこうも辛抱強くなったのか、ちょいと噂が出ると、まずは行く。列あれば、長かろうと、短かろうと、並ぶ。30分、60分、90分…、♪~私、まつわ~♪である。京都四条河原町上ルの「抹茶館」は、すごいことになっている。お店は2階、相当、狭いのか、2名以上の席は確保が難しいので、お待ち頂くことに~と表示してある。

 

 店前、中岡慎太郎寓居跡の碑が立つ。坂本龍馬とともに近江屋で暗殺された維新の志士。大政奉還から150年、中岡家はどう変遷したのか。今は天保7年創業の京都森半-宇治抹茶店。毎月一度、近くである高校陸上部OBの集いへ行くおり、列を見て、バス停に長い夜行バス待ち?~と話したら、あれは抹茶待ちですよ~と。そうかと、集いすんで、確認に行くと、最後の3人。「本日の営業終了」の立て札とともに♪~いつまでも待つわ~♪。

 

 人気の「抹茶ティラミス」は、抹茶とチーズを使っている。升入り。

 抹茶館は、シンガポールや香港を始め、アジア圏を中心に12店舗。海外でアレンジした抹茶文化が日本に逆輸入した“JAPAN SECOND WAVE”というコンセプト。

|

« 「百人一首から見た近江」、記者はどう書いたか。 | トップページ | これやは、これや! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64933937

この記事へのトラックバック一覧です: 抹茶館入り、待ちや!:

« 「百人一首から見た近江」、記者はどう書いたか。 | トップページ | これやは、これや! »