« バス待ち、今は「蛸座」 | トップページ | 小指と小指に赤い糸 »

2017年2月23日 (木)

絵本の始まり、美女と野獣

Img_3811

Img_3831

Img_3821

Img_3830

Img_3829

滋賀県立美術館は、いま、絵本の始まりはここから、ここから~という展覧会を開催している。絵本の始まり=滋賀近美?そうでなく、それは展覧会の副題。始まりは、イギリスの芸術家・ウォルター・クレイン。滋賀近美はクレイン作品をみせる会場、それがここ?!。

 

絵本の始まりは19世紀後半。画家の息子として生まれたクレインさん、13歳で版画工房に入り、デッサンを学び、刷師エドモンド・エヴァンスさんに才能を見出され、二人は世界初のオールカラーのトイ・ブックを生み出したという。トイとは何か、問いかけると、8~12頁の簡単なつくりの絵本。チラシにカッコ書きで、説明があり、問いは、解けた?。

 

クレイン絵本の代表作は、1874年制作の美女と野獣。ポスター、チラシ、看板になっている。野獣?豚かな、いや、牙が出ている。猪?帽子持って、靴も履いている。眼鏡も。カッコいい、野獣の貴族。美女さん、綺麗や。騙されたらあかんよ。浮世絵にも影響されたというクレインさん、絵がうまい。微に入り細に入り…描いている、アリババと40人の盗賊、靴を履いた猫、シンデレラ…、教材ABCD…、さあ、さあ、絵本の始まり、始まり~。

 

 展覧会は3月26日まで。滋賀近美は平成29年度から改修に入り、3年間、休館する。

|

« バス待ち、今は「蛸座」 | トップページ | 小指と小指に赤い糸 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64916483

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本の始まり、美女と野獣:

« バス待ち、今は「蛸座」 | トップページ | 小指と小指に赤い糸 »