« 小指と小指に赤い糸 | トップページ | 「百人一首から見た近江」、記者はどう書いたか。 »

2017年2月25日 (土)

タイラギ貝の造り

Img_3925

Img_3931

Img_3934

Img_3939うん?タイラギ貝の造り。いったん、メバルの造りを注文したが、赤い帽子の店長が、刺身メニューの一番下を示し、これ!珍しいですよ!と。それが、タイラギ貝の造り。先になまこのポン酢を頼んであり、三つは多い。メバル取り消し、じゃあ、それにと、再注文した。

 

JR山科駅前の居酒屋ももじろう。最近、ちょっとご無沙汰。野洲であった滋賀県ピアノコンクール帰り、店の中をのぞくと、立ち飲みコーナーが空いている。奥の奥、スタンド林屋で得意の立ち慣れで立った。ハイボール、トリスは99円、角は199円。ここは見栄はることはない。トットット…の、トリスでよし。その代わり、造りで、見栄はってみよう。

 

なまこポン酢777円や。トリスの7倍や。それに、赤帽店長おすすめのタイラギ貝の造り699円。合わせてトリスの14倍やでえ。格安の立ち飲みコーナーで、この注文格差、見栄をはるとこははらんなあ。珍しいというタイラギ貝は貝柱の造り。二枚貝で、板前さんが珍しく出てきて、外国産多いけど、これは大分産と言う。造りは4つ、紐つき。ホタテの貝柱と似ている。板前さん、味は?と聞く。優しい甘さ、美味しい。いい貝、買いましたね?。

|

« 小指と小指に赤い糸 | トップページ | 「百人一首から見た近江」、記者はどう書いたか。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64921446

この記事へのトラックバック一覧です: タイラギ貝の造り:

« 小指と小指に赤い糸 | トップページ | 「百人一首から見た近江」、記者はどう書いたか。 »