« 立ち呑み「庶民」初の真ん中席。 | トップページ | グランフロント大阪のザ・ガーデン »

2017年2月 5日 (日)

なみだ鉄火巻

Img_3244

Img_3217

Img_3251

Img_3252

Img_3255

Img_3220

ほら、ほら、ほら…、きてる、きてる…。つん、つん、つん…、鼻にきてる~。辛抱、辛抱…、涙、涙…、いっとき、いっとき…。そこを超えると雪国?いや、川端康成の踊り子やない。その辛さを過ぎると、トロ…、トロっとして、トロリ、トロリ…、写真も撮ろう?。

 

 これ、スタンド林屋の「なみだ鉄火巻」という初メニュー。林屋さん、大津駅から徒歩1分、間もなく開店7年目入り。相変わらず週に二度、三度…、ちょい寄りが続き、あの日も、メニュー見せて、まあこれ!と林店長。鉄火巻きに「なみだ」の冠つき。長いお付き合い、それじゃあ、まあ~と口にいれたら、わあっ~、ううう~、鼻つん、鼻つん、鼻つん。

 

 わさびを利かす~って諺あるけど、鉄火乗せの茎わさび、きく、きく、ようきく。次の日もちょい寄り中、開店以来の知り合いHさんが同僚のMさんと入ってきた。これ初メニューでっせ、辛いけどうまいでっせ~と誘いをかけて、カウンターから調理場入り。お二人の鼻つんの瞬間、写真撮り。Hさん、口に入れた。目と口がへの字になった。鼻おさえた。Mさんも続いた。ああ~ああ~。一瞬、一瞬、一瞬でんがな。それすんだら、涙くん、さよなら!。

|

« 立ち呑み「庶民」初の真ん中席。 | トップページ | グランフロント大阪のザ・ガーデン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64844471

この記事へのトラックバック一覧です: なみだ鉄火巻:

« 立ち呑み「庶民」初の真ん中席。 | トップページ | グランフロント大阪のザ・ガーデン »