« 妙法院宸殿の「七卿落図」展示 | トップページ | 本に刺繍の清川あさみ展、開催中 »

2017年1月27日 (金)

回転寿司の造り

Img_2676

Img_2634

Img_2668

Img_2640

Img_2641

Img_2649

Img_2677

すじこがブツブツ行く、紋甲いかは黙って行く…、勿論、中とろも行く、赤海老も行く…、ヒラメのえんがわは真ん中を行く、杏仁豆腐も行く。どこへ行く?って、お客さんの前を通って行く。クルクル、クルクル…回って行く。久々、京都八条のイオン4階、回転寿司へ。

 

 そば効果、それなりに出ている。体重計の朝乗り、このところ65㌔台を維持している。兵庫・三田の知人、Nさん(6?)の出腹を思い出し、どや!と思う。Nさん、蕎麦の継続、効果あるでえ~。炭水化物は避けているけど、たまには寿司もいいか~と、魚河岸寿司のカウンターに座った。どうしても握りより、造りを意識する。兵庫県産、赤なまこ、いいねえ。

 

 島根の天然あじ、千葉の天然イワシ…これもいいねえ。開店以来、回転寿司店長の桑原さんに口頭で造りを注文する。えっ、赤なまこがきれた!、う~ん、ホンマにないの?、天然のイワシはある。ないのか、ないのか、何度もいわしないなって…、それもそや。中トロ、炙りトロ…これは握りやけど、いいねえ。造りで、鯖と穴子…、桑原店長にまた直接注文した。鯖は〆てある、穴子は焼き。造りとちゃうけど、仕方がない。〆は、あらあ!あら汁。

|

« 妙法院宸殿の「七卿落図」展示 | トップページ | 本に刺繍の清川あさみ展、開催中 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64794384

この記事へのトラックバック一覧です: 回転寿司の造り:

« 妙法院宸殿の「七卿落図」展示 | トップページ | 本に刺繍の清川あさみ展、開催中 »