« 京博、冬のメタセコイヤ | トップページ | 運試しのサイコロ振り »

2017年1月21日 (土)

壬生寺に歌碑「ああ!新選組」

Img_2193

Img_2202

Img_2204

Img_2207

Img_2205

Img_2191

ご存知かなあ、この歌。♪~加茂の河原に 千鳥が騒ぐ またも血の雨 涙雨~♪。昭和40年代、三橋美智也さんが唄った「ああ!新選組」。香川県の知人が、こぶしをきかせてカラオケで歌って、うまかった。この歌碑が新選組ゆかり京都壬生寺・阿弥陀堂の庭にある。

 

京の冬の旅、今年の第51回は大政奉還150年記念。幕府側の新選組が周辺の八木家などを屯所に、境内で剣術訓練した壬生寺もその一つ。壬生狂言舞台の重文・大念仏堂初公開で行ったおり、歌碑を発見した。♪~武士という名に 命をかけて 新選組は今日も行く~♪。歌詞の刻みは2番も3番も。♪~恋も情けも 矢弾に捨てて 軍重ねる 鳥羽伏見…♪。

 

思わずメロディー、口ずさみそう。男らしい、いいなあ。歌碑の隣、100円投入で、三橋さんの歌再現という。早速…と見たら「機械不調で、只今、演奏中止」の張り紙。ああ!、新選組や。♪~菊のかおりに 葵が枯れる…変わる時勢に 背中を向けて 新選組よ 何処へ行く~♪。歌碑ある壬生塚、局長・近藤勇の胸像なども。あの朝、鴨川の四条大橋を渡るおり、ユリカモメがカッパえびせんで舞っていた。大政奉還から150年、時代は変遷!。

|

« 京博、冬のメタセコイヤ | トップページ | 運試しのサイコロ振り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64770047

この記事へのトラックバック一覧です: 壬生寺に歌碑「ああ!新選組」:

« 京博、冬のメタセコイヤ | トップページ | 運試しのサイコロ振り »