« 「魚魚丸」(ととまる)で決めた! | トップページ | 堂本印象美術館は印象的! »

2017年1月 5日 (木)

牛たん「福助」さんの「福」

Img_1686

Img_1682

Img_1673

Img_1678

Img_1677

Img_1680

「福」には色んな「福」がある。そりゃあ、なんたって「幸福」が一番やけど、残りものにも福がある。河豚の本場、下関では「ふぐ」~とは濁らず「ふく」と呼ぶ。宝くじだって、売り手の女性のお顔が福々しい方が当たりそうな…、禍あっても、転じれば「福」になる。

 

 何事も「福」はいい。京都八条口のイオン4階に仙台牛たん「福助」。よく行く海転寿司「魚河岸」の向かい側。大晦日の夕方、初めて入って、座った席の上、壁に掛かった額が「福」の色紙。~朝商は福を呼ぶ~と「福」を大きく、味のある筆文字。お店の名前ご縁の拘りか~と、店内をずっと見回すと「福」また「福」の色紙がいっぱい、複数?にある。

 

 そうそう、注文したのは、牛たん呑み。単品の塩焼きのみ。のみは呑み~に通じるので、ハイボール一つのみ注文。呑み=飲みつつ、炭焼きの牛たん6切れ。ひと切れ、ひと切れ、たんたん。「人生も淡々」と、思いつつ、食べつつ、飲みつつ、店内の「福」色紙を席からたんたんと眺めた。「福は内、福は内」は、鬼抜き。「福は人を創る」も見える。そうや、自信は「福」につながる。「抱福絶倒」?。福は腹なのに?、この店はどこにも「福」がある。

|

« 「魚魚丸」(ととまる)で決めた! | トップページ | 堂本印象美術館は印象的! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64709273

この記事へのトラックバック一覧です: 牛たん「福助」さんの「福」:

« 「魚魚丸」(ととまる)で決めた! | トップページ | 堂本印象美術館は印象的! »