« 老舗大膳の「北海そば」 | トップページ | 妙法院宸殿の「七卿落図」展示 »

2017年1月25日 (水)

ゴッホの「黄色い家」は、うどん屋さん?

Img_2578

Img_2580

Img_2584

Img_2585

Img_2589

Gogh_maison00

ゴッホが描いた「黄色い家」みたいなうどん屋さんがある。店員さん、みんな女性。だからか、うどん屋さんだからか、店名は「めんめん」という。意味はよくわからないけど、入るとなぜか、店員さんはみんなイエローハットをかぶっていて、ハッとする。

 

 お店は京都の山科、国道1号のわきで、東海道新幹線が上に見える。自宅から京阪バスでR山科駅へ行く道筋にあり、ずっと前から知っている。3階建てビルの1階、営業はもう20年以上かなあ。なぜか、ビルは1階から3階まで、黄色い。どうしてか?聞いたことはない。休日の昼に出かけるおり、うどんを蕎麦に変えて注文、最近、たて続けに3度行った。

 

 店内は広く、よく流行っている。奥のカウンター席、ラックに京都新聞がある。なぜか、漫画本で、池波正太郎の剣客商売もある。ゴボウのきんぴらそば、店名メニューのめんめんそばは、キノコなど具が多い。お鉢は、汁をすすると、顔がまるごと入るほど大きい。忙しそうなので、黄色い理由はまだ聞いていないけど、帰りにビル見上げて、そうや~と思った。ゴッホがゴーギャンと共同生活していて描いた南仏・アルルの「黄色い家」に似ている。理由、そこにアルル?。

|

« 老舗大膳の「北海そば」 | トップページ | 妙法院宸殿の「七卿落図」展示 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64793812

この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホの「黄色い家」は、うどん屋さん?:

« 老舗大膳の「北海そば」 | トップページ | 妙法院宸殿の「七卿落図」展示 »