« 楽家次男、雅臣さんの石の彫刻展 | トップページ | ダレ? ガラス工芸のガレ »

2017年1月16日 (月)

国宝長寿寺のオコナイと大雪

Img_2376

Img_2379

Img_2408

Img_2411

Img_2419

Img_2423

この雪、まあ、見て、見て!。滋賀県湖北は雪国やけど、京都に近い湖南は、そうは降らないのにこの雪である。この雪、多いのなんの、しんしんと降って、雪また雪…、家も野山も田畑も白い、白い。全国でこの冬一番の寒波、大雪…、国宝・長寿寺で見た。

 

 何でまた、と言われれば…である。近江歴史回廊大学の講座の一つ、神と仏と祈りのクラスに同行して….。桜よし、紅葉よしの善水寺、常楽寺と並ぶ湖南三山の一つ、長寿寺で五穀豊穣、家内安全を願う「オコナイ」行事を受講生ともども、視察に行って、この大雪だった。所は美し松で有名な旧東海道の石部宿。JR草津線石部駅からバスで15分ほどだった。

 

 今の成人式なら20歳だけど、昔の元服は10歳以上から…。地元の子どもが赤鬼、青鬼になって、太鼓と鐘の中で暴れる「鬼はしり」。これに本堂お供えの餅、今朝から袈裟姿の住職が読経、住民もモチモチ、モチモチ…とお祈りする。長壽寺は天平の創建。本堂は国宝、弁天堂は重文、仏像も重文…、石造の多宝塔は国内最大級…、神事に建造物…それはそれは…まあ、古い。何時までも降りやまない雪の中の研修、めったに経験出来ない。写真の雪、まあ見て!。

|

« 楽家次男、雅臣さんの石の彫刻展 | トップページ | ダレ? ガラス工芸のガレ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64768068

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝長寿寺のオコナイと大雪:

« 楽家次男、雅臣さんの石の彫刻展 | トップページ | ダレ? ガラス工芸のガレ »