« 造り選択3種◎◎◎ | トップページ | 京博、冬のメタセコイヤ »

2017年1月19日 (木)

若沖さん、奇想の筆、いま一度!

Img_2356

Img_2352

Img_2353

Img_2354

Img_2355

どうして、そんな筆になるのか。昨年、生誕300年で人気再びだった伊藤若沖さん。京博で年越し企画の特別陳列展を見て、この画、あの画…、奇想、奇想と感じて、図録を買って、奇想ぶり再考である。まず蟹さん、ヨコヨコと歩かず、タテタテと木に登っている。

 

 濃墨で一気呵成、墨が飛び散る如く。蟹の木登り、気にしていない。魔除けの鍾馗さん、トレードマークの髭、それに頭髪、眉毛…毛という毛は筆のかすれ跡という。若沖さん、正気で描いた。福々しい七福神の布袋さん。太鼓腹で、両手で大きな袋を担いでいる。この顔の微笑み。何とも可愛い。見ればみるほど、ホホホ、ホホホ…、若沖さん70歳で描いた。

 

 図録の見出しで「なんともいえない目!」とあるのが、維摩(ゆいま)さん図。大乗仏教の奥義を究めた人物で、禅世界に入る若沖さんが親しみを込めて…。布袋さんと同じ目している。優しそう。ヒクガエルとフグ、がっぷり4つに組む相撲図。この一番、前代未聞の取組という。力いっぱいのヒキガエル、からだを膨らませ抱き抱えらたようなフグ。ユニークでユーモラスな絵だけど、無用な争いはやめよう~の深い意味がある。さすが、若沖居士!。

|

« 造り選択3種◎◎◎ | トップページ | 京博、冬のメタセコイヤ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64765352

この記事へのトラックバック一覧です: 若沖さん、奇想の筆、いま一度!:

« 造り選択3種◎◎◎ | トップページ | 京博、冬のメタセコイヤ »