« 京都市美の展覧会入場者歴代ベスト10 | トップページ | 日展京都展の彫刻作品 »

2017年1月12日 (木)

たこ焼き入り年明けうどん

Img_2125

Img_2128

Img_2127

Img_2129

Img_2133

年明けうどん、だいぶ定着してきたのかな。年越しそばの向こうをはって、うどんも負けてられへんと登場した。その定義は?太くて長くて、純白で、元旦から1月15日までに、新年を祝い、幸せを願って、めでたいうどん、どんどん、食べよう!という。

 

昼にも夜にもよく行く、うどんの名門?杵屋さん。八条口の京都アバンティ店、メニューにある。昼にけんちんうどんを選んだ日、年明けうどんも知り、そのうち、そのうち、幕の内?で行った。駅ホームなどにある麺屋さんも、年明けうどんメニュー。店前の写真を見ると、梅干しが入っている。純白のうどんに赤い梅干し、わかめと海老…、具もめでた、めでた。

 

杵屋さんはどうか。ここは梅干し代わりにたこ焼きが二つ。何で、何で、なんでえ?と説明を読む。「タコ」は西日本では、神にささげ、豊作を祝い、家内安全、安産祈願で、縁起のよい食べ物、祝賀の気持ちをまあ~るい玉に込めて…と。たこ焼きは大阪の老舗たこ焼き割烹「たこ昌」から。長い海老、大きな一枚海苔。おたまで出汁をすくうと薄味、たこ焼きの中、蛸も確認した。新春の空にたこたこ上がれ!年明け「たこあげうどん」。

|

« 京都市美の展覧会入場者歴代ベスト10 | トップページ | 日展京都展の彫刻作品 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64740130

この記事へのトラックバック一覧です: たこ焼き入り年明けうどん:

« 京都市美の展覧会入場者歴代ベスト10 | トップページ | 日展京都展の彫刻作品 »