« たこ焼き入り年明けうどん | トップページ | 京博、冬のメタセコイヤ »

2017年1月13日 (金)

日展京都展の彫刻作品

Img_2048

Img_2052

Img_2050

Img_2049

Img_2051_4

見た、見た~まあ、大方、見た。京都市美で開催の、改組して「新」がつく日展京都展。日本最大の公募展、帝展、文展の歴史を含むと、ゆうに100回を超す。書の審査方法で、物議あり、出直しての「新」第3回展。日本画、洋画、工芸美術、彫刻、書の550点、まあ見たかな。

 

 どう見たか、1点1点、丁寧に見ると時間がかかる。さあっと歩いて、あっと思ったら、しげしげと見た。2階の日本画、洋画、工芸美術、1階へ降りて、洋画の残りと書、彫刻は作品解説に出会った。作品の意図、作家さんエピソードも。そうなのか、なるほどなあと思う。帰りに解説があった彫刻作品のポストカードを探して買った。解説ぶりを思い出して書く。

 

雲の上のヤギさん。作家の鈴木さんが東山動物園で何時も見ていたのに…、亡くなったのか?と、雲の上で、右の後ろ足を浮かせた。これで作品効果と。ダチョウ親子の彫刻。殺伐とした人間社会、こんな優しさを…と。作務衣の男性像。作品意図は、今の男性もこのように男らしく~と。豊満な女性像。作家さんはまるで小柄やけど、まあ、いいじゃんと心の豊かさ表現。貫禄の秀吉公、羽織の燕、時代考証しっかり。大阪城の濠に建つ、お顔も彫りが深い。

 

 ポストカード作品は左から鈴木紹陶武さんの「Dall Sheep on cloud 9」、細川忠夫さんの「愛・温もり」、神山美登里さんの「魂男」、笹山幸徳さんの「秋の日」。文化勲章受章の中村晋也さんの「豊臣秀吉公」。 

 作品解説は日展会員、滋賀大卒の竹谷邦夫さん。

 

|

« たこ焼き入り年明けうどん | トップページ | 京博、冬のメタセコイヤ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64740694

この記事へのトラックバック一覧です: 日展京都展の彫刻作品:

« たこ焼き入り年明けうどん | トップページ | 京博、冬のメタセコイヤ »