« 若沖生誕300年、立ち見でDVD鑑賞 | トップページ | 金戒光明寺の特別公開 »

2016年12月 6日 (火)

蕎麦また蕎麦の毎日から~

Img_0339

Img_0272

Img_0197

Img_0171

Img_9980

Img_0363

いや、ほんま、毎日毎日、よう蕎麦やなあ。拘わりはないけど、今は新そばの季節。そばに誰か?いや、ひとり。「蕎麦」「ソバ」「そば」と、店名は色々やし、つなぎも二八、五割、十割…と色々やし、メニューも色々やし、どの店で、どんな蕎麦にするか、見定めが面白い。

 

食べた蕎麦の履歴、デジカメ撮りで紹介しよう。最多は職場に近い大津駅の金亀庵。昼と夜、もう何度も。つけで鴨つけ、豚つけ、ぶっかけでたぬき、かけでスダチ、野菜かき揚げ、二次会仕上げでザル…。彦根の多賀そば、もっちりがいい。変わりメニューは、豆腐そば。京都大丸近くの一休庵オリジナル。冷や奴で1000円…、フーフーはしない。冬より夏かな。

 

 定番はきつねそば、値段に幅がある。駅ホーム立ち食いで350円、老舗店へ行くと810円。きつねは、刻みか一枚か。今度また、こ~んと思うかどうか。最高値の老舗田ごと、鉢が熱々、葱に揚げ、出汁…、きつねの優等生。好物は穴子そば。四条の老舗「ゑびや」さん、また行こうっと。ダイエット対策は、京水菜そば。京都近鉄のみやこみち内の葵さんメニュー。葉っぱふみふみ?、みずみずしい。湯葉、にしん、鰻…、蕎麦大会はまだ続きそう。

|

« 若沖生誕300年、立ち見でDVD鑑賞 | トップページ | 金戒光明寺の特別公開 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64579996

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦また蕎麦の毎日から~:

« 若沖生誕300年、立ち見でDVD鑑賞 | トップページ | 金戒光明寺の特別公開 »