« 県都大津の暮れ行く光景 | トップページ | 野菜しゃぶしゃぶ »

2016年12月15日 (木)

これはうまい!穴子の炙り刺身

Img_0066

Img_0065

Img_0071

Img_0682

穴子の炙り刺身、そんじょそこらにそうはない。いや、まあ、うまいのなんの~。ハイボールと同時、いの一番に注文する。ハイボールだって、かくかくしかじかの角やのうて、竹鶴やでえ。穴子?好きなだけやろう!って。いや、ちゃうよ。穴子の刺身って、ないんや。

 

 それじゃ、どううまいかって?そやなあ、うまさの表現って、難しいけど、あえて言うなら、刺身らしくない刺身。もちっとして、しこしこして…、一つまた一つ、もちっと?欲しいと思うんや。それ、どこの店のメニューか言うと、京都大丸北側の錦通りに出来た青天家ことハレルヤさん。山科にある青天家の2号店で、いろんなメニュー、この店、独自という。

 

 穴子に目があっても、好きで目がないんで、最初に行った時から行くたびに…。食べようは三通り。レモン絞って、そのままで一回、次に塩でもう一回、最後はわさび醤油…、うまいよおっ!。鹿児島出身の板前さんに、どこ産の穴子と聞くと、長崎からと。すぐ冷凍して、注文聞いて、バーナーで炙って出すという。どんな穴子?と写真撮影を頼んだら、長いお皿に炙る前の穴子が乗っていて、大きさ20㌢、どうだ!と胴だけ。目も頭もない。あなあ~。

|

« 県都大津の暮れ行く光景 | トップページ | 野菜しゃぶしゃぶ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64610324

この記事へのトラックバック一覧です: これはうまい!穴子の炙り刺身:

« 県都大津の暮れ行く光景 | トップページ | 野菜しゃぶしゃぶ »