« 創作漢字テスト | トップページ | 猫また猫の招き猫博覧会 »

2016年12月24日 (土)

にしんそばの食べ比べ

Img_0888

Img_0922

Img_0932

Img_1063

Img_1071

昨日もにしんそば、今日もにしんそば…、あの店、この店…、にしんそば、にしんそば…。どう違いがあるのか、食べ比べた。何で?と言われると、まあ、思いつき。減量対策を兼ね、蕎麦屋さんの傍を通るたびに蕎麦、一定の成果も出て、仕上げはにしんそば!と拘った。

 

 にしんそばは、京都名物の一つ。にしんの干物、身欠きにしんとそばの組み合わせ。干すのに臓物抜いて、背中だけなので、<みがき>と読んで、身欠きにしん。数の子も、昆布巻きも…にしん。漢字で書くと、鰊。ニシン目のニシン科。昔は北海道産が多かったけど、今は外国産も。こだわりのにしんそば、3日間連続で4回、人生に磨きをかける?初めての経験。

 

 初日は浜大津の麺せい、2日目は昼に瀬田GCのランチ、夜は京都駅構内ポルタの田ごと、3日目は100年前にしんそば発案の南座隣、本家・松葉。どの店でも、にしんは身のない身を出汁に沈め、かたそうでかたくない。味は甘辛。熱い出汁、身がほろほろ取れる。食べ比べた結果?鉢が熱々かどうか、身が厚いかどうか、かまぼこの有無、値段の高い安い…などに差はあっても、まあ、にしんそばは、にしんそば。それを知って、自分自身の自信に?。

 

 写真は左から麺せい、瀬田GC、田ごと、松葉。

|

« 創作漢字テスト | トップページ | 猫また猫の招き猫博覧会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64640173

この記事へのトラックバック一覧です: にしんそばの食べ比べ:

« 創作漢字テスト | トップページ | 猫また猫の招き猫博覧会 »