« 安くて、美味しくて~グー | トップページ | にしんそばの食べ比べ »

2016年12月23日 (金)

創作漢字テスト

  Img_1266

Img_1267Img_1264Img_1261Img_1265Img_1268Img_1274

Img_1262

新聞のページを捲っていると、時折、おや、まあ~と思う記事に目が行く。産経新聞主催の事業特集ページ。第7回創作漢字コンテストの審査結果が大きく載った。今年の最優秀賞2点は、しおり(ブックマーク)と(自己中)。ひと目見た瞬間から、なるほど~~。

 

 「100年後まで残る漢字を作ってみませんか」をテーマに募集、今年は昨年を上回る1万3千件の応募があり、作詞家の秋元康さんらが審査したという。創作漢字は、正統的作字派か、時代を映すビジュアル派に大別できるそうな。新聞から撮った写真を並べて紹介する。しおりは「木」を「本」にした正統派。審査は明快さで、評価が高かったという。

 

 自の真ん中にズバリ線を入れた「自己中」。説明不要、いかにも、いかにも。しおりと同様、形がビューティフルという。時代を感じる優秀作は、道の駅、歩きスマホ、水素水。創作漢字の発想力が豊かである。目が重なった漢字。乱視でよし、二日酔いでよし、いい感じ。秋元さんは作の「つくりすぎ」が大好きと。策に溺れていないからかな。アイデアは自分だけでなく、第三者が頷くことが大事と、秋元さん。アイデアの愛、ポイントかな。

 創作漢字テスト掲載の産経新聞は12月21日付け朝刊25面。

 

 

|

« 安くて、美味しくて~グー | トップページ | にしんそばの食べ比べ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64654771

この記事へのトラックバック一覧です: 創作漢字テスト:

« 安くて、美味しくて~グー | トップページ | にしんそばの食べ比べ »