« 雨と紅葉と嵐山の写真撮り | トップページ | 若沖生誕300年、立ち見でDVD鑑賞 »

2016年12月 4日 (日)

懐石の八寸、今は秋

Img_0120

Img_0124

Img_0130

Img_0139

Img_0140

Img_0127

Img_0119

イチョウの葉、ナニやって?えっ、焼きいも。そうか、確かに、黄色いなあ。こっちの紅葉は?雲丹の真丈。だから赤いんか。真丈やし、慎重に~なあ。銀杏は翡翠、松葉はそば、黒いのは零余子。読み方?むかご。このいが栗は?それは、ああめん、そうめん。そうねん。

 

うまいなあ。よく出来ているなあ。洒落?違うがな。料理、凝り凝りや。肩やないよ。京懐石料理の八寸。坂本龍馬なら「まっこと、手間かかっちょる」と言いいそう。お店は嵐山の渡月橋を渡って中ノ島公園内の「京・嵐山 錦」。知人のお祝い会に出て、お店自慢の季節懐石が次から次へ。先付、お造り、お椀と出て、この八寸。見る、撮る、そして、味わう。

 

懐石料理の八寸は、杉木地で作った八寸(24㌢)角の盆に珍味を盛ること。まあ、八寸料理は板さんの腕の見せどころ。フランシーヌの場合もあるけど?錦さんの場合は、季節を見せる。今は秋なので銀杏、紅葉、栗…、部屋は菊の間。窓から紅葉と保津川の支流。店は商い、部屋は飽きない秋。八寸がすみ、強肴。読みはしいざかな。中鉢、焼き物、酢の物、ご飯…、減量忘れて、結構、結構、コケコッコー!?。

|

« 雨と紅葉と嵐山の写真撮り | トップページ | 若沖生誕300年、立ち見でDVD鑑賞 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64575431

この記事へのトラックバック一覧です: 懐石の八寸、今は秋:

« 雨と紅葉と嵐山の写真撮り | トップページ | 若沖生誕300年、立ち見でDVD鑑賞 »