« あっと驚く為五郎から為治郎へ | トップページ | 行く年、大津の思い出写真 »

2016年12月27日 (火)

植物園は「パパイア」

Img_1017

Img_1019

Img_1021

Img_1023

パパイアは、パパイヤではないのか。英語表記はPapaya。これを日本語のカタカナにすると、最後が「ア」にも「ヤ」にもなる。京都府立植物の観覧温室夜間鑑賞へ行って、青い実の成ったパパイヤの写真を撮りつつ、どちらなんやろう。アア~なんともヤヤこしい。

 

 植物園の表記は「パパイア」。メキシコ、西インド諸島、ブラジル原産の熱帯果樹で、生育が早く、容易に結実する~など説明がしてある。夜間照明で、青い実が高いところで成っていて、写真撮りのピント合わせ、しんどかったけど、樹木の幹が節々して、ゴボゴボして、それはそれで、年輪を感じた。葉っぱも大きい。実は高い所に2か所、ズームアップ撮影。

 

 パパイヤか?、パパイアか?、ネットで調べたら、表記は好きにどうぞと。いや、幅がある。物事を決めつけるのは良くない?。このゆるやかさ、いいねえ。「ヤ」か「ア」かは、ほかにも一杯だって。例えば、ピヤノ/ピアノ、ビヤガーデン/ビアガーデン、ダイヤモンド/ダイアモンド、タイヤ/タイア、カナリヤ/カナリア、ケニヤ/ケニアなどなど。ここは植物園表記の「パパイア」として、トロピカルな味わい、冬に夏を感じて、アアいいなあ。

|

« あっと驚く為五郎から為治郎へ | トップページ | 行く年、大津の思い出写真 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64666673

この記事へのトラックバック一覧です: 植物園は「パパイア」:

« あっと驚く為五郎から為治郎へ | トップページ | 行く年、大津の思い出写真 »