« 牛丼を超えた、牛丼って?。 | トップページ | コーヒーの香りがするお線香 »

2016年11月 8日 (火)

マリー・ローランサン展

A6004_i1

Th

Img_8917

Img_8918

Img_8915

Img_8916

マリーさん?、ローランさん?…、何度か言って、三度目の正直で、マリー・ローランサンさん。フランスはパリの女性画家。淡いパステル絵、可愛い女性、悲しい女性…そんな代名詞のローランサンさん。京都伊勢丹美術館で、没後60年のマリー・ローランサン展を見た。

 

 会場入り口に1953年に描いた「三人の女」のコピー絵。73歳、心臓発作で亡くなっており、その3年前、最晩年70歳の時に描いたパステル絵の代表作か。ギターを持った女性を真ん中に二人の女性が寄りかかるように。左側にセーヌ川にかかるミラボー橋、詩人の恋人・アポリネールとの思い出の橋かな?。マリー・ローランサンさん、そうですか?。

 

 さん、さん…と丁寧に敬称つけると、ローランサンさんの場合、なんか、ややこしい。三々七拍子みたいになる。さんはここで省いて、ローランサン。展示会場80点、どの絵も優美で甘美ですね。灰色、ピンク、青、白…、水彩のような淡い色調、これが人気なんですね。チラシはピンクの薔薇を持って振り返る女性。真珠の白、黒い眼と赤い唇、青とピンクのモザイク衣装…、これぞパステル。ローランサンさん、そうですねえ。あっ!、また、さんが出たあ。

 

 伊勢丹美術館での展覧会は11月27日まで。

|

« 牛丼を超えた、牛丼って?。 | トップページ | コーヒーの香りがするお線香 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64451179

この記事へのトラックバック一覧です: マリー・ローランサン展:

« 牛丼を超えた、牛丼って?。 | トップページ | コーヒーの香りがするお線香 »