« 回転ずしの鉄火巻き、大トロ? | トップページ | 越境昼食のいま… »

2016年11月14日 (月)

「文人は悪食」を読む

Img_9346

Img_9337

Img_9338

Img_9339

Img_9340

Img_9342

Img_9341

Img_9344

Img_9343

面白いのなんのって…、そりゃあ、もう…。中身があって、文章力があって、これでもか、これでもか~と、読ませて、読みごたえがある。雑誌編集者から作家活動、講談社エッセイ賞受賞の嵐山光三郎さん著の「文人悪食」(ぶんじんあくじき)。面白さ、つまみ食いしよう。

 

 最初の夏目漱石から37番目、おしまいに出る三島由紀夫まで、悪食の数々、これはまあ、長嶋茂雄さんに言わせれば、一つの暴露であります~。「舞姫」を書いた軍医・森鴎外さん、ごはんに饅頭を乗せ、煎茶をかけて食べてって…。熱海の海岸散歩する…「婦系図」の泉鏡花さん、病的な潔癖症で大根おろしを煮た。漱石はビスケット、谷崎潤一郎は鰻に天ぷら…。

 

 ダダイスト詩人、中原中也。三つ葉のお浸しばかり、刻んだ葱を水にさらし、ソースをかけて…、酒飲んで絡んで、暴れて…、なんちゅうやつや?。自殺志願7度目で自殺した太宰治は、鮭缶の味の素を山ほどかけて食べた。志賀直哉は仲間を集めて、アブさん飲んで、暴れて、それでも白樺派。12人子を産んだ明星歌人・与謝野晶子は、寝しなにコップ酒、「放浪記」デビューの林芙美子は、鰻飯の食べ過ぎトン死…、文士の悪食、じきじきに感じた。

 

 イラストは新潮文庫「「文人悪食」から。上の写真イラスト、左から漱石、鴎外、鏡花、中也、昌子、太宰、志賀直哉、林芙美子

|

« 回転ずしの鉄火巻き、大トロ? | トップページ | 越境昼食のいま… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64477976

この記事へのトラックバック一覧です: 「文人は悪食」を読む:

« 回転ずしの鉄火巻き、大トロ? | トップページ | 越境昼食のいま… »