« カツレツ、ああ~、食べたい!食べたい! | トップページ | ゼロ番ホームの昼下がり »

2016年10月 2日 (日)

ツタのからまるヒマラヤスギ

Img_7351_1

Img_7358_1

Img_7357

Img_7356

ツタ、ツタ、ツタ…、ツタさん、どれぐらい時間をかけて、這い上がったのだろう。幹回り2㍍、樹高30㍍、大きなヒマラヤスギ2本。よくもまあ~と思うほど、樹木一杯に絡まり、枯れている。茶褐色はオータムな秋の装い~。おおさむ、おおさむ…まだ早い。

 

 京都府立植物園正面から東へ、植物園会館前のヒマラヤスギ。秋になると、電球みたいな大きな松ぼっくりができる。ポケモンGOで俄か人気の植物園、秋の花写真と休日ウオーク兼ねて行って、ツタの絡まるヒマラヤスギを見つけた。なに科か?調べるのにちょっと待つかで、マツ科の常緑針葉樹。開園当初から、背を競うように2本、並び立っている。

 

歌手ペギー葉山さんのヒット曲、学生時代、ご存じかなあ。♪~つたのからまるチャペルで祈りをささげた日~♪。そのツタ、漢字で書いて蔦。英語なら、ネイビー。エジプトで、ツタンカーメン。国内ではツタヤ。何のことか、ツタは絡まると、ややこしい。変な絡みはこのあたりにして、ヒマラヤスギに絡まるツタ。下草はツタの群生、枯れたツタに変わって、新しいツタの青いツルが幹へ上り始めている。新旧交代の時期、どうえるか?。

|

« カツレツ、ああ~、食べたい!食べたい! | トップページ | ゼロ番ホームの昼下がり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64265814

この記事へのトラックバック一覧です: ツタのからまるヒマラヤスギ:

« カツレツ、ああ~、食べたい!食べたい! | トップページ | ゼロ番ホームの昼下がり »