« ツタのからまるヒマラヤスギ | トップページ | うどんの杵屋、夜は鶏のわらじかつ »

2016年10月 3日 (月)

ゼロ番ホームの昼下がり

Img_7421

Img_7424

Img_7418

Img_7428

Img_7414

ここ、意外にええなあ。ひとり、ゆっくり出来るなあ。コーヒー飲めるし、本も読める。ボオッとできて、ウトウトもできる。ベンチ前、真ん前、行き交う人々が見える。線路の向こう、電車が次々に来て、客が乗り、出て行く。我ひとりぼんやり、ここは、ええでえ~。

 

無から有を生じるゼロ、野球のゼロ行進、ゼロゼロセブンのゼロ、怪傑ゼロ、試験で0点のゼロ…、色んなゼロがあって、ここはJR京都駅のゼロ番ホーム。駅の正面改札から入って、真ん前にある。改札出ると京都タワー、改札入ると福井、金沢、富山行きサンダーバードが停まるゼロ番ホーム。線路を挟んで、向こうのホームは1番抜きで、大津行き2番ホーム。

 

ゼロ番ホーム、知ってはいたけど、こうも、のんびりできるとは…。ホームは300㍍以上、関空行き「はるか」ホームと山陰線の30番ホームに続いている。ゆっくりできるのは、改札から東側。西側の「塩小路カフェ」でおばんざい定食、そこから昼休みに入り、セブンイレブンの100円コーヒー持って、ベンチへ座る。誰がどこへ?、季節は百代の過客にして、行き交う人もまた旅人なり」。芭蕉の奥の細道気分、いいねえ~。

|

« ツタのからまるヒマラヤスギ | トップページ | うどんの杵屋、夜は鶏のわらじかつ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64282425

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ番ホームの昼下がり:

« ツタのからまるヒマラヤスギ | トップページ | うどんの杵屋、夜は鶏のわらじかつ »