« アラスカ写真、星野道夫の没後20年展 | トップページ | 足利家・等持院の不思議 »

2016年10月13日 (木)

ラーメン京龍は、恐竜で京流?

Img_7836_3

Img_7837_3

Img_7843

Img_7835_2

何時もの飛び込み癖が出た。まあ、思いつきと言ってもよい。考えているようで、考えていない。ええのか、あかんのか、まあ、ええんちゃうか。何のことか、前段が長いけど、昼食に入ったラーメン屋さんのこと。四条大宮の、立ち呑み・庶民の東隣、ラーメン京龍。

 

足利家菩提寺・等持院へ行くのに阪急の四条大宮で降り、京福の嵐電乗り換え、ちょうど正午になって、そやそや~と、庶民まで行くと、やはり並んでいる。等持院見学のあとも国民文化祭勉強会があり、そう時間もないので、まあ、いいか~と入ったのが、赤い暖簾がかかった「ラーメン京龍」さん。覗いたら女将さんが顔を出して、自販機でどうぞ!と誘う。

 

こってり豚骨の「白龍」か、あっさり鶏ガラ醤油の「黒龍」か。どちらも極細麺、650円だけど、今はタイムサービス600円と言う。白か、黒かの選択、あっさりの黒を選んでカウンター席は6番。店内見まわすと、二人席のテーブル一つとカウンター4席。要するに6席で満員のお店。ラーメン、不眠と不安防ぐ恐竜化石の漢方材・龍骨入りとか。へえっ、それで恐竜?の京龍ラーメン。これも、今日の京流?。まあ、色々あって、ええんちゃう。

|

« アラスカ写真、星野道夫の没後20年展 | トップページ | 足利家・等持院の不思議 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/64319495

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン京龍は、恐竜で京流?:

« アラスカ写真、星野道夫の没後20年展 | トップページ | 足利家・等持院の不思議 »