« ハルバル、山科バルへ | トップページ | 脱サラ、三代目の大多福 »

2016年5月30日 (月)

建仁2年の建仁寺

Img_1115

Img_1111

Img_1114

Img_1113

建仁2年(1202年)に建ったから建仁寺か。京都で最初の禅宗、寺名が年号そのままとは、わかりやすい。開基は鎌倉幕府二代将軍源頼家。頼朝はあまりにも有名なのに、頼家?どんな将軍と思う。開山は、その頼家が帰依した中国帰りの英才、栄西禅師である。

 

 栄西さん、日本語読みで<えいさい>中国読みで<ようさい>。日本に禅を広め、お茶とお菓子の祖でもあり、境内に石碑がある。ふだん非公開の開山堂は、栄西さんの墓所、木像などがある。よう知っているって、そんなあ~。ホントのところは、この間あった特別公開に行って、京都市観光協会の女性ガイドさんに聞いた受け売り。まあ、言うたら、おこぼれ紹介や。

 

 方丈の襖絵と板戸絵は、原在中さんと加藤文麗さん。特別公開の看板は原さんが上間の襖にめでたい、めでたい~と描いた鶴と松。板戸絵の孔雀は原さん最高傑作とか。方丈真ん中の部屋は室中。ここに加藤さんが竜虎図。写真を撮りたいけど、×マーク。楼門は、外から撮影、ろうもない。壁は朱色で白の5本線。これは、そんじょそこらにない格の高さを示す。アーチ型の火灯窓のこと、栄西お手植えの菩提樹のこと…、聞いて、聞いて、よう知ってるで~。

 

 建仁寺開山堂の特別公開は5月22日で終了した。

|

« ハルバル、山科バルへ | トップページ | 脱サラ、三代目の大多福 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/63694118

この記事へのトラックバック一覧です: 建仁2年の建仁寺:

« ハルバル、山科バルへ | トップページ | 脱サラ、三代目の大多福 »