« たこ焼き屋はおかんの味 | トップページ | 遠州は…西鹿島駅あたり »

2013年7月 5日 (金)

カントリー名物のどて焼きって

Img_0664

Img_0665

Img_0667

こうも秘伝や、名物や…と言われば、である。見た目はどろっとして、美的ではなく、カロリーも高そうだ。それでも<カントリー名物>だという。浜松カントリークラブのレトランが出す「どて焼き膳」である。躊躇はしたが、ここまで来たからには、名物優先だ。

 

 浜松と言えば、浜名湖があって、何と言ってもウナギ。開場から50年という浜松の名門ゴルフ場。レストランには、当然、ウナギのメニューありと、探したが、無い。やはり値段高騰なのだろう。午前のラウンドをすんでの昼食、ウナギが無ければ、ゴルフ場提携ホテルのお勧め、カントリー名物である。どて焼きのを、うどんに変えて、善は急げ??。

 

 串に牛すじを刺すのが、どて焼きと思っていたが、出てきたのは、名古屋名物のどて煮。レストラン入り口でも等身大のシェフが写真で登場~30年愛され続けたこだわりの逸品、秘伝の味噌を使っています~と言っている。なんで、どて煮が、どて焼きかわからないが、小皿にうどんを取り出し、混ぜて口にした。う~ん、八丁味噌、甘味がある。なるほど秘伝、ミソミソドミソや?。腸も柔らかく、味が沁みこんでいる。ちょっとしたもんや?。

 

|

« たこ焼き屋はおかんの味 | トップページ | 遠州は…西鹿島駅あたり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/57708113

この記事へのトラックバック一覧です: カントリー名物のどて焼きって:

« たこ焼き屋はおかんの味 | トップページ | 遠州は…西鹿島駅あたり »