« ポスター競演、浅井三姉妹と大津京 | トップページ | 食堂エンドウのまぐろ丼 »

2010年6月 1日 (火)

一番真っ赤なバラはどれかな

083

  108_2真っ赤に咲くバラ、一番はどの種類かなあ。米国のリンカーンは西日に赤く映えている。デンマークのバーグマンも艶やかだし、日本の花笠も宴(うたげ)も染まりがいい。いや、仏のチンチンも馬鹿に出来ない。真っ赤なバラの選定、迷ってしまって、バラバラだ。?

 夕方のそぞろ歩きサービスで、午後6時半まで開園の府立植物園へ行った。北山門から真っすぐ南へ、アジサイ園を越えたところが洋蘭園で、バラ園はその中だ。赤、ピンク、白…、一面にバラだ。思わず♪~バラが咲いた、バラが咲いた、真っ赤バラが~♪とマイクが真木になった?。旬には300種2500株のバラが咲く植物園自慢のバラ園である。

 そぞろ歩きに早い午後4時、一人行のデジカメ撮影である。回りは気にせず、バラが赤ければ、兎も角撮った。この5月25日で定年退職した名物園長・松谷茂さんが書き綴った冊子<きまぐれ園だより>を見ると、植物園会館2階の踊り場から見るバラ園は、比叡山848㍍の借景がきいていて、ビュースポット日本一という。それも忘れて、赤いの、赤いの…と行って、戻って、また行って、結果は、どれも赤くて、決めるのアカンかった。?

 写真左はミスター・リンカーン(1964年、米国作)右はつる、サラバンド(1968年、フランス作)

|

« ポスター競演、浅井三姉妹と大津京 | トップページ | 食堂エンドウのまぐろ丼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一番真っ赤なバラはどれかな:

« ポスター競演、浅井三姉妹と大津京 | トップページ | 食堂エンドウのまぐろ丼 »