« 白昼、大津駅ホームの怪 | トップページ | 恒例の総本山知恩院の暁天講座 »

2009年7月15日 (水)

店名のない散髪屋さん

 043 040 聞こう、聞こうーと思っていた。JR山科駅前から徒歩1分の散髪屋さんだ。外食の松屋と餃子の眠眠の間で、京阪京津線に踏み切り渡って東側を歩いてすぐだ。大正から続く老舗だけど、店の前のどこを見ても、どう探しても店の名前がない。看板レスなのだ。

 最近、月に一度は通っていて、4度目のおり、聞いた。店内の壁、修了証書に表彰状がずらっと掛けてあって、ご主人の名前は荒川弘さんだと、知っていた。理髪免許は20歳代で取得、今は74歳なのでこの道、半世紀という。祖父から引き継いで3代目で、ずっと山科駅前で経営していて、この辺りの生き字引でもある。何を尋ねも、まあ確かだ。

免許は奥さんも4代目候補の娘さんも…だ。顔剃り、洗髪と3人の分業が出来ていて早い。この間は顔剃りからで、担当の奥さんに聞いたらご主人が代わりに答えた。昭和8年風の室戸台風のおり、父が看板はずしてから、ずっと無いままという。何と76年も前の台風、古い話だ。看板のこと、店名のこと、客からよく聞かれるが、祖父の時代のことで、どうだったか、わからず、父から目立ったあかんと言われていることもあり、名前も看板もないままになっているという。TVの音楽番組で、確か題名のない音楽会というのがあるが、店名のない散髪屋さん、これまた珍しい。

|

« 白昼、大津駅ホームの怪 | トップページ | 恒例の総本山知恩院の暁天講座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

店名のない散髪屋さんは珍しいですね。コメントを拝見させていただくと、懐かしい、理容美容専門学校の同期の彼女の画像を偶然に発見しました。元気で頑張っているみたいですので、自分も頑張らなければと思いました。30数年経ちましたが?

投稿: ヤス君の暇つぶし | 2018年6月 9日 (土) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店名のない散髪屋さん:

« 白昼、大津駅ホームの怪 | トップページ | 恒例の総本山知恩院の暁天講座 »