« 蕪村、終焉の地 | トップページ | 男前の信長像 »

2008年3月16日 (日)

伝来のホットヌードル

Img_0006 Img_0008  横文字にすると、「Hot-boild noodls」という。焼きうどんのことで、明治の時代にうどんを洋食ふうに食べたのが始まりらしい。祇園町北側の「珈琲カトレア」に野菜たっぷり、本家伝来の焼きうどんがあるというので、入った。

四条通りの北側、斜向かいが八坂神社だ。店の前は昼に夜によく歩いている。もう70年来の店だそうだが、初めてだ。自慢の焼きうどんのこと、店先の看板に、沁みがしみた和紙に書いてある。ワシしかしらない味?という。カウンター席に英語版付きのメニューがあり、コーヒー付き(with coffee)1200円で注文した。

 漆盆に乗り、ソースと一緒に出てきた。箸はケース入り。細切り、ちれじれキャベツがこんもり。キュウリ、炒り卵、ベーコンが見える。麺1本、キャベツの中から引っ張り出した。舌先、さわやかだ。昔ながらの、和と洋のブレンド味だ。外人さん多い?と店の女性に聞く。「ハイ、よくヌッと入って来られます」と。伝統の店内見回し、話しながらまた1本…麺をヌッと。そうか、だから、うどんはヌートル。???

|

« 蕪村、終焉の地 | トップページ | 男前の信長像 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188331/40504218

この記事へのトラックバック一覧です: 伝来のホットヌードル:

« 蕪村、終焉の地 | トップページ | 男前の信長像 »